ディフェリンゲルでタマゴ肌♡

ディフェリンゲルの副作用を教えます

ディフェリンゲルの副作用

「ディフェリンゲル」は医薬品となりますので、副作用を発症させるリスクがございます。ディフェリンゲルを使用したニキビ治療を行う場合、治療の開始2週間以内から副作用の症状が発生することが多いですが、比較的、軽い症状の副作用となっておりますので深く気にするようなことはありせん。前もって、ディフェリンゲルを服用することによってどのような症状が発症する可能性があるのかを確認しておくといいでしょう。

主な副作用

ニキビ治療をする場合に、「ディフェリンゲル」を使用することで、副作用を発症させる場合がございます。比較的軽い症状として報告されているのは、主に「皮膚の痒み」「皮膚の乾燥」「皮膚の皮剥け」「発疹」「皮膚のヒリヒリ感(刺激感)」「顔の浮腫み」などがあげられています。

これらの症状は、ニキビ治療を開始してから大体2週間ほどで発症することが多いと言われており、比較的、軽度な症状で一時的な副作用の場合は、ディフェリンゲルを中止することなく続けて使用する場合もございます。万が一、2週間以上たっても副作用の症状が無くならない場合や、症状が重すぎる場合は、直ぐに使用を中止し、皮膚科やクリニックなどの医療機関を受診し、専門医師へ相談するようにしてください。

重い副作用

ニキビ治療をする場合に、「ディフェリンゲル」を使用することで、ごく稀に発症する重い症状として報告されているのは、ご懐妊中の女性が使用した場合に、ディフェリンゲルに含まれている「アダパレン」という有効成分が、胎児に影響を与え、催奇形性のリスクが高くなっております。

ディフェリンゲルは外用薬となっているため、体内へ吸収されることはほとんどありませんが、強い催奇形性が起こるリスクのあるレチノイド類は、ご懐妊中の女性や、その可能性がある女性は使用出来ないので、注意しましょう。また、授乳中の女性も極力使用しないことをすすめますが、やむを得ず、ディフェリンゲルを使用する場合には、授乳を避けるようにしましょう。

まとめ

「ディフェリンゲル」を使用したニキビ治療は、有効成分となるアダパレンの働きによって、ニキビが発症する原因ともなる毛穴の詰まりを抑えることにより、ニキビ治療の効果が期待できます。ですが、ディフェリンゲルは有効成分が作用した際に、同時に副作用を発症させることがあります。副作用の症状が出た場合は、保湿を行うなど、しっかりと肌ケアをするようにしましょう。そうすることで、副作用の症状を軽減させることが出来ます。

万が一、副作用の症状が一向に治まらない場合は、ディフェリンゲルの使用を直ちに中止し、皮膚科などを受診し専門の医師へ診察していただきましょう。また、ディフェリンゲル使用するにあたって、注意が必要な方もおりますので、使用前にしっかりと確認するようにしましょう。