ディフェリンゲルでタマゴ肌♡

ディフェリンゲルの使い方を教えます

ディフェリンゲルの使い方

ニキビ治療をする際に、従来のアクネ菌などを殺菌する効果のある抗生物質タイプのニキビ治療薬とは異なる、比較的新しい治療薬となる「ディフェリンゲル」を選択する方が増えてきました。

ディフェリンゲルは、正しく使用することでニキビ治療に対して効果を発揮します。

そこで、ディフェリンゲルを初めて使用する方は、使用する前に、正しい使用方法や、使用のタイミング、使用するにあたっての注意点なども前もって確認するようにしましょう。

使用タイミング・使用量

「ディフェリンゲル」は塗り薬です。1日に1回就寝前の洗顔後にニキビの上や周辺、気になる部分に使用します。ここで注意してほしいことは、ディフェリンゲルは顔専用のニキビ治療薬のため、顔以外には使用しないでください。

≪ディフェリンゲル使用の流れ≫

まず、塗り薬を使用する前に、しっかりと洗顔をしましょう。泡で汚れを落とすように優しく洗顔を行いましょう。

洗顔をしっかりと行った後は、直ぐに肌の保湿を行いましょう。保湿をしっかりとすることで、副作用の症状を軽減させることが出来ます。

以上の工程を行った後に、ディフェリンゲルを使用します。塗る際は、ニキビの上や周辺に薄く広げるように塗りましょう。

最後にディフェリンゲルを使用した後は、手をしっかりと洗い流しましょう。

ディフェリンゲルを顔へ塗った直後は、若干皮膚がピリピリしたような刺激感を感じることがありますので、塗り始めは少量から使用をスタートするようにしましょう。

ディフェリンゲルを使う上での注意事項

ディフェリンゲルを使用する際には、いくつかの注意事項があります。この注意事項を確認せずに使用した場合は、身体などに悪影響を与えてしまう可能性がありますので、使用前にしっかりと、内容を確認することや、専門の医師へ相談するなどし、安全に使用するようにしましょう。

使用上の注意点

「ディフェリンゲル」を使用するにあたっていくつかの注意点があります。万が一、注意点を無視し塗り薬を使用してしまえば、自身の身体などに深刻な影響を与えてしまう可能性があります。どのような注意点があるのか確認していきましょう。

まず、ニキビ治療をする際にディフェリンゲルを使用する場合は、長期期間の使用はNGです。使用から三ヶ月以内にニキビに対して効果が得られない場合は、直ぐに使用を中止してください。また、ニキビの症状が改善した場合は、ディフェリンゲルを継続して使用する必要はないため、中止しましょう。

また、日光の紫外線などによって皮膚に対して刺激が強まる可能性がありますので、日傘や日焼け止めクリームなどを使用して紫外線対策をしっかりと行うようにしましょう。

使用してはいけない方

「ディフェリンゲル」を使用するにあたって身体などに重大な影響を引き起こす危険性がありますので、以下で該当される方はディフェリンゲルを使用することが出来ません。注意してください。

・ディフェリンゲルを以前に使用したことがあって、ディフェリンゲルに含まれている主成分のアダパレンに対して過敏症を引き起こした既往歴のある方
・妊娠中の女性、あるいは妊娠の可能性がある女性の方、授乳中の女性の方は胎児に対して影響を与え、催奇形性があるため使用することが出来ません。注意してください。

万が一、使用する場合には、必ず専門の医師へ相談し、医師の指示に従うようにしてください。

まとめ

「ディフェリンゲル」は正しく使用することで有効成分「アダパレン」が効果を発揮し、ニキビの肌トラブルに対して改善することが出来ます。ですが、使用するにあたって、いくつかの注意点があったり、使用できない人等もいるため、使用する場合は、使用前にしっかりと確認をすることや、専門の医師に相談をし医師の指示に従うことが大切です。また、使用の際には、用法用量はしっかりと守って安全にディフェリンゲルを使用しましょう。